ツノガエル 飼育と見解
お問い合わせフォーム


ニュアンス公式Facebookページ


ツイッター

 

必需品ですっ!パックマンディナー


メルマガの購読はこちら

メルマガ購読・解除
 

お問い合わせ

 

 

ツノガエルの飼育と見解のページ



ツノガエルの種類について

ツノガエルには大きく分けて、ベルツノガエルとクランウェルツノガエルの2種類が主に流通しています。
他に、アマゾンツノガエルや、近年、新しい種類がペットルートに加わっていますが、流通量が少ない状態です。

飼育のし易さから申し上げますと、ベルツノガエルが一番お勧めの種類です。
この種は、エサに対する反応が良く、エサを食べてくれないなどのトラブルが非常に少ないので、初めてツノガエルの飼育にチャレンジされる方は、ベルツノガエルをお勧めいたします。

クランウェルツノガエルは、非常にカラーバリエーションが多く、ペパーミントツノガエル、ライムグリーンアルビノツノガエル、アプリコットツノガエル、色彩変異個体などは、全て、クランウェルツノガエルからのカラーバリエーションとなります。

ベルツノガエルとクランウェルツノガエル(他のバリエーションを含む)での体系などの外見は、ほとんど変わりませんが、傾向として、ベルツノガエルの方が大きく育ちます。また、顔つきで若干の差があります。

体色は、ベルツノガエルは、グリーンがベースになり、黒褐色の模様と、若干の赤い色が所々に発色を見せます。
この範囲内で、赤の面積が多かったり、模様の入り方等で個体差が出てきます。(ごく稀に、真っ赤な個体や、赤が全く入っていない個体もいます。)

一方、クランウェルツノガエルは、茶色(稀にグリーンもいます)の単色が基本となります。
この種は、アルビノ種やグリーンの個体が存在して、そのような特徴を持った個体を累代繁殖させて、色々なカラーバリエーションが産まれてきています。
他の種と掛け合わせて作られた品種ではなく、クランウェルツノガエルのカラーバリエーションとして、ペパーミントツノガエルや、ライムグリーンアルビノツノガエル等の品種が作出されています。

アマゾンツノガエルは他の2種類と比べて神経質で、まったく初めてツノガエルの飼育をされる方には、あまりおすすめできない種類です。

もちろん、他の種に関しても、こちらでエサやりを行い、自らエサを食べて確実に成長しているのを確認した個体を販売しておりますので、ご安心いただいてもよろしいかと思いますが、「絶対安心」を前提にされている場合にはベルツノガエルです!


基本的な飼育についての解説

飼育容器通常は、プラケースで飼育するのが一般的です。

この種は空間認識力がないようなので、ケースの大きさによって成長に差が出る事はありません。
ストレスも感じません。本来は土の中に潜って生活するタイプのカエルなので、かえって自分がジャストフィットするくらいのスペースの方が心地いいようです。

この種は、ほとんど動かないので大きなケースを用意しても、一か所にとどまっている事から、広い空間を与える意味があまりありません。
エサの摂取量も多く新陳代謝も活発なので、、こまめなメンテナンスが必要になります。ガラス水槽などでは重く、もし割れてしまった時の事を考えると、維持管理が大変です。
ツノガエルを飼っていらっしゃる方にはコレクション性を持っておられる方が多いので、ケースが何個も積み上がるような管理パターンが多いです。
その意味でも扱い易いプラケースでこまめに管理する事をお勧めいたします。プラケにウールマットを敷き、マットと同じくらいの高さまで水を入れるのがスタンダードな飼育スタイルとなります。

ツノガエルは本来、土の中に潜っている種類です。水の中にいるカエルではありません。湿度を保つと言う意味で水を入れます。

エサについて

コオロギ、ミルワームなどの昆虫・メダカ、ドジョウ、金魚等の魚類・マウス・人工飼料などいろいろな種類あります。 この種は、ほとんど動かないので、あまりエサを与えなくても大丈夫そうな印象を持ちますが、非常に高カロリーなエサを必要とします。

ある程度は飼育される方のご都合に合わせて良いかと思いますが、昆虫のみを与えた場合、栄養不足になる傾向がありますので、できるだけ高カロリーなエサを与えてください。
当ファームでは、パックマンフードのみを与えています。
全ての個体にこの飼料のみを与えており、成長、成熟、繁殖についても良好な結果が得られている為、生きたエサを与えるのに抵抗がある方には、このエサをお勧めいたします。

温度・湿度

温度・湿度適温は22~28℃です。
しかし、これはあくまでも目安であり、真夏に22℃、真冬に28℃にしてしまったら、人間と同じで具合悪くなってしまいます。
おおよそ、人間と同じ感覚とお考えください。
従って、真夏や真冬は、人間も暖房や冷房で、快適を求めるのと一緒です。
例えば、真夏の暑い時期に、ギンギンに冷えた部屋で過ごしていたら、体調不良になります。真冬でも、あまり暖かくすると具合悪くなってしまいます。
カエルも同様で、季節にあまり逆らわない環境を与えてください。
真夏の30℃でしたら、人間もある程度耐えられます。その温度は一時的な日中だけで、夜には温度も下がるからです。
真冬も、10℃くらいでしたら、なんとか耐えられます。しかし、1日中10℃の環境で1週間過ごしたら、調子を崩してしまいます。
適温外でも、健康であれば、それほど負担はかかりませんが、それによって、消化器官等の機能も変わってきますので、個体を観察して、臨機応変に対応してください。
湿度に関しては、人間とカエルでは、快適さに違いがあります。
この種は、本来、土の中に潜っています。従って、湿度は高めの環境を与えてください。
梅雨時など、じめじめした季節が、カエルにとっては一番快適な時期だと思います。
冬の乾燥した時期が、カエルにとっては一番辛い時期となります。この時期には、いくら湿度を上げてあげても、季節を感じ取って、体が乾燥してしまいます。
冬は、こまめに霧吹きをしてあげたり、湿った水苔や土に潜らせて上げる必要も出てくる可能性があります。
しかし、ケースの中を蒸らしてはいけません。
非常に難しいのですが、多湿で空気が流れている環境が理想的です。
湿度を上げる為に、ケースの蓋の穴を塞いだりすると、空気が淀んでしまい、逆効果になってしまいますので、お気をつけください。

エサの与え方

必ず、直接ピンセットやお箸でエサを摘み、カエルの目の前に差し出して与えてください。
この方法であれば、エサの質には問わず、目の前に差し出されたものをエサとして認識し反射的に飛びついてくるので、エサを変更しても反応してくれます。

ツノガエルは、毎日はエサを求めません。
じっと動かず、目の前にくるエサを待ち伏せるタイプのカエルですので、内臓もそのようにできています。
一度にある程度の量のエサを食べて、数日間はそのエサを消化しての繰り返しとなるので、毎日エサを与える必要はなく、間隔をおいて、与えてください。

コオロギなどを飼育ケース内に放ち、自然に捕食させる給餌方法もありますが、ほとんどのカエルはエサに怯えて、拒食を起こすパターンの方が多いです。 適温の範囲であれば、ベビーでしたら1~3日置きに1回エサを与えます。
量はエサの種類、飼育温度、環境、個体差によって大幅に異なりますので、一概には言えませんが、10円玉位のベビーでしたら、1回にメダカでしたら1~3匹、マウスでしたらピンクの一番小さいサイズで半分~1匹、パックマンフードでしたらパチンコ玉くらいを目安としてください。生後、1~2年以上経ったカエルでしたら、1週間~1か月に1回の給餌間隔にしてください。
成長するに従い、新陳代謝も落ちてくるので、給餌間隔も開いてきます。
ベビーの時は1~3日お気くらいに給餌をしますが、1年以上育った個体は、週に1回程度でも十分です。
ベビーから1歳半くらいまでで、ほぼカエルの大きさは決まります。大人になってからたくさんエサを与えても大きくなりません。
基本的に動くものには飛びついてくる習性があるので、動きを認識できれば、その時点で飛びついてきます。

動きはごくわずかでも大丈夫です。あまりオーバーに目の前で動かさなくても問題ありません。かえって怯えてしまう可能性もあります。
目の前に差し出しても反応がない場合には、1~2秒かけて口元辺りまでエサを動かし認識させてください。そしてまた正面に戻す方法をとってみてください。それでも食べてくれない場合には、エサで口元を突っついてみます。
半分、嫌がって噛み付いて食べてくれますが、あまりお勧めできる方法ではありません。

ベビーの時や迎え入れた直後の時に食べてくれない場合がありますが、その時はカエルが落ち着くまで数日待ってあげてから再びチャレンジしてみてください。
健康な状態であれば、1週間エサを与えなくてもカエルは健康な状態を保っていられます。

水換え

糞をして汚れたらすぐに交換してください。
そのまま放置すると、皮膚からアンモニアを吸収して自家中毒を起こしてしまい、炎症、最悪の場合は死んでしまいます。エサをまめに与えている場合は、週に2~3回ほど糞をしてもおかしくありません。
糞をしなければ、1週間ほどでしたらそのままでも構いませんが、できれば週に1回ほどのメンテナンスをしてください。尚、水はカエルでしたら塩素が入った水道水でも問題ないようです。
当ファームでは、井戸水で管理していますが、ある程度殺菌された水道水の方がいいかもしれません。

NUANCEとしてのツノガエルの見解・飼育方法

ツノガエルの種類

2012年現在、ツノガエル流通は多くなり、以下のように区別できます。

ベルツノガエル:Ceratophrys ornata
クランウェルツノガエル:Ceratophrys cranwelli
ライムグリーンアルビノツノガエル:Ceratophrys cranwelli
ライムグリーンアルビノツノガエル・パターンレス:Ceratophrys cranwelli
アプリコットツノガエル:Ceratophrys cranwelli
ペパーミントツノガエル:Ceratophrys cranwelli
色彩変異個体:Ceratophrys cranwelli
ファンタジーツノガエル:C.cranwellixC.cornuta
アマゾンツノガエル:Ceratophrys cornuta
ホオコケツノガエルC. stolzmanni
カーティンガツノガエルC. joazeirensis
色彩変異個体:Ceratophrys cranwelli

上記の通りですが、実際には、ベルツノガエルとクランウェルツノガエルの2種からの、系統が大半を占めます。
アルビノ個体、ペパーミント、色彩変異種などは全てクランウェルツノガエルからのカラーバリエーションであり、同一種です。
カーティンガ、ホオコケ、ブラジル等の種類は、また流通されて間もない品種で、詳細が把握できない為、当ファームでは、解説が難しく、割合させて頂きます。

ベルツノガエル

ベルツノガエルからのアルビノ種、色彩変異個体は当ファームを含め、作出例がありません。
(厳密に申し上げますと誕生はしていますが、商品としては流通していません)
カラーバリエーションは豊富で、全身がほとんど赤の通称「赤ベル」、逆に緑単色の「フルグリーン」と呼ばれる個体も見られるようになりました。
ベルツノガエルのスタンダードとはグリーンの地に黒褐色の模様が入り、腹部は黄色で、赤の発色が体の各所に見られるものとします。
ベルツノガエルの特徴は赤の発色をする事です。他の種では赤の発色はしません。また腹部が黄色なのも特徴です。
ベビーの頃は黄色の発色が淡いですが、成長と共に黄色の発色が上がってきます。全てのツノガエルに当てはまります。

クランウェルツノガエル

クランウェルツノガエルのスタンダードは茶色です。厳密に申し上げますと、地の茶色がグリーンのタイプも存在します。2つのカラーパターンがあります。
グリーンクランウェルと呼ばれるものが相当します。(しかし純血のグリーンとは違います)
茶色(又はグリーン)に黒から茶褐色の模様が入り、ベルツノガエルと比べると角の発達が強いです。
20年以上前からアルビノ種が存在しました。従いまして、昔から既に3つのカラーバリエーションが存在していました。
当ファームでは、上記の種類からペパーミントツノガエル、ライムグリーンアルビノツノガエルを作出しました。これは、グリーンクランウェルツノガエルとアルビノ種なのですが、本来の発色と比べると淡い色彩を保ち、濃い色が出ない個体を指します。非常にあいまいな表現系なのですが、しかし、例えば100匹のグリーンクランウェルの中に、ペパーミントツノガエルを入れれば、明らかに判別できるレベルです。
お恥ずかしい話ですが、当ファーム設立初期の頃に、このタイプが出るようになり、問屋へ卸した際に、「初めて見る個体で、これは別の名前をつけよう」と提案され、急きょネーミングされたものです。
当ファームでは、ペパーミントツノガエルの生産はできるのですが、逆に通常のグリーンクランウェルが出来ないのです。これはアルビノ種にも当てはまり、通常のアルビノ種とは発色が異なり、区別すべきとアドバイスを受け、ライムグリーンアルビノツノガエルが誕生しました。
しかし、ここで疑問が湧きます。
ベルツノガエル・クランウェルツノガエルの2種のみと絞っても、本当に純血種なのか?とブリーダーとしては重要な疑問です。
それは、グリーンクランウェルをベルツノガエルとして流通させたり、どちらとも判別が出来ないような個体が流通している事情を知ってしまったからです。
では、生息域から直接、個体を輸入しようと提案するのですが、現地からは輸出される事はほとんどなく、現在に至ります。
ツノガエルのブリーディングはアメリカがほぼ独占していました。現在でもプロのツノガエルのブリーダーは世界でも数人しかいません。
従いまして、系統を作るのにもアメリカのCB個体を使ってとなる事が前提となっていました。
当ファームも元の種親はアメリカ産のCB個体からが出発となっています。15年ほどブリーディングを行い、ある程度傾向が見えてきました。
ベルツノガエルの純血と表記されて流通していた個体は間違いなく、純血種です。この系統は確立しました。
しかし、ベルツノガエルとクランウェルツノガエルの別種交配をさせた品種も当ファーム以外のブリーダーからの生産で、存在します。
クランウェルツノガエルに関しては生息域現地から直接輸入された時期がありました。その個体を見ると、現在クランウェルツノガエルとして流通している個体とは若干違っています。当ファームもこのWC個体を使って純血種を作りましたが、非常に繊細な個体で成長が遅れて種親として育て上げる事ができませんでした。
これはWC個体を交配させた特徴ではないかと考えています。アマゾンツノガエルのWC個体同士で採った個体も非常に繊細です。おそらくベルツノガエルでも、同様の結果が予測されます。
ツノガエルは累代繁殖を繰り返され、その結果、プラケースで簡単に飼育できるようになった、ある意味、ペットとしての品種とお考えください。
【アルビノ種】
クランウェルツツノガエルからの変異種です。
ベルツノガエルのアルビノは存在しないと思われます。他の種からもアルビノの発生は確認されていません。
最初のアルビノ個体がどのようにして作出されたかは不明ですが、アメリカのブリーダーによって、この品種が確立されました。

アマゾンツノガエル

ツノガエルでは珍しく、WC個体が入荷されています。(2010年頃から、入荷が極端に減少しています)
CBベビーも頻繁に繁殖例を聞くようになりましたが、実はこの種を成体に育て上げる事は難しいです。

上記でも書きましたが、WC個体同士のペアリングから産まれた個体は、非常に神経質で飼育難易度が高いです。
現在でも、安定したCB個体が流通しないのは、ベビーを成体まで育て上げられない事が原因と言えます。

まず、産まれた個体には問題はありません。オタマジャクシは健康に育ち、スムーズに変態してくれます。
しかし、変態後のサイズは1円玉程度です。給餌量などによって決定されるものではないようです。以前、クランウェルツノガエルのWCから採った個体も全く同じパターンでした。

原因が分かりませんが、WC個体の掛け合わせによる結果だと思います。言いかえれば、これが本来の姿だと思います。
変態後の初期給餌はメダカなどの魚類が適しています。それ以外のエサの場合、直後から状態が悪化し、死んでしまう場合がほとんどです。
消化器官が弱いのではないかと考えていましたが、それもあまり納得がいきません。魚類は確実に消化しています。
またCB個体が成体まで育ってくれた個体には、パックマンディナーを与えても問題なく、現在ではパックマンディナーのみで飼育しています。
長期飼育例がほとんどない種類なので、この種に関しては他のツノガエルとは別とお考えください。当ファームでもいろいろと飼育パターンを揃えて今後の安定した飼育法を確立させたいと考えております。 【アマゾンツノガエルの飼育に関して】追記2009年6月20日前回2008年12月23日更新
今回販売している個体もCBの親から産卵させた個体であり、F2個体となります。
この影響なのか、非常に状態も安定しており、今までは非常に困難とされてきた飼い込みが、通常のツノガエルと同様に行えるようになっております。
唯一他の種と異なる点は、エサです。とりあえずは魚類のみを与えてください。マウスなど他の飼料を与えて問題なく飼育されている例もありますが、安全性を考えると魚類のみの飼育が間違いありません。

また、飼育環境ですが、こちらでは、試験的に通常のツノガエルを飼育する、ウールマット飼育で飼い込んでみました。
前回は、状態を崩す個体が見受けられたので、マット飼育はお勧めしませんでしたが、今回の個体は状態も崩さず、エサに対する反応も良好なので、ウールマットでの飼育法でも大丈夫かと思われます。骨格形成も非常に良好です。
3日もエサを与えないとげっそり痩せて見えてしまいます。それは、その分きちんと体内で消化され成長している意味でもあります。
糞をしてくれない場合には、エサが足りないと言う可能性が高いので、そのような場合には給餌量を増やす事を検討してみてください。自らエサにアタックしてくれるのであれば、どんどん与えて問題ありません。

但し、糞の色は真っ黒っぽい色である事が前提です。薄い茶色のような糞は未消化で排出されてしまっています。
魚類に与えるエサをパックマンディナーにする事も非常に有効です。今後、成長に従い、パックマンディナーに切り替える為にも、魚に与えて間接的に消化器官へ慣らす事もできるかと思いますので、お試しください。↑魚も爆発的に大きく成長します。
この種はWC個体同士で掛け合わせて産まれたタイプなので、他のツノガエルとは区別して飼育にあたってください。

WC個体で掛け合わされて産まれてくる個体は非常に神経質です。
具体的には、飼育環境やエサに対する反応が違ってきます。

以下は当ファームにおいて有効と思われるものを記載しました。他の飼育パターンでも良好な結果を出せるかもしれませんが、かなり重要なポイントですので、これに合わせて頂けましたらアドバイスなども適切にできると思いますので是非、ご参考にして下さい。

メダカのみを与えてください。(ベビーから育てる場合)
成長に従って、他の魚類に変更していただくとよろしいかと思います。当ファームで産卵させた個体の親はWCではなく、CB個体からです。この理由からかどうかはわかりませんが、非常にエサに対する反応が良いです。メダカでしたらいくら与えても足りないくらいです。
しかも消化も非常に良い状態で黒い理想的な糞をしてくれます。成長スピードも良好です。

しかし、この種の長期飼育例は、ほとんどありません。また、過去のデータを見ても、魚類以外のエサを与えた場合、その直後から状態の悪化を確認しています。
従いまして、エサは魚類のみとして下さい。

ちなみに、当ファームのアマゾンの親はパックマンディナーのみを与えて管理されています。
なので、ベビーにも与えても大丈夫かと考えておりますが、もう少し成長してから徐々に変更していきたいと思います。

2008年12月23日
更新現在、500円玉以上のサイズに育ってくれています。しかし、問題点がありましたのでお知らせいたします。
ある程度、成長が確認できたので、エサをメダカからパックマンディナーに変更してみました。
結果は、何故かエサ食いが悪い印象を受けました。なんとか食べさせたのですが、あまりいい感じではありませんでした。
何度か繰り返してみたのですが、あまりいい糞をしていません。未消化のようです。またそれに比例して大きくもなっていないようです。

また、数匹、吐き戻した個体や死んでしまった個体を確認しました。良好な結果を出してくれる個体もいたのですが、トータルで見ますと、やはり良い結果はでませんでした。

従いまして、エサを金魚(小赤)に変更しました。
そうしましたら、エサ食いの良さも戻り、サイズも大きくなっています。マウスなどで大きく育てていらっしゃる方もいるようですが、平均値を出すと、はやりアマゾンツノガエルには魚類が適しているとお考えいただいた方がよろしいかと思います。
自ら勢いよくアタックしてくるのであれば、魚類に関してでしたらどんどん与えて大丈夫なようです。立派なアマゾンに育ってくれるようお祈り申し上げます。

床材決して水に常時、濡れているような状態は避けてください。
個体が直接、水に濡れていると、かなりストレスを受けるようです。本来の生態も土に潜っているのが通常な状態なので、プラケに水を敷いて。と言う管理ではエサに対する反応も明らかに鈍ってきます。
理想的な状態は床材を繊維状のキッチンペーパーを敷き、それを湿らせる状態にして下さい。
指で触って、湿り気を感じ取れる程度がちょうどいいです。その状態で数日間放置していますと、乾燥してきますが、その変化には対応してくれます。

あまり神経質に、水分の補給などをしなくても大丈夫です。
決して、ビチャビチャに濡らさない事がポイントです。上記の状態であれば、もの凄い勢いでメダカに反応してくれます。
自分からエサに飛びついてくるようでしたら、どんどん与えて大丈夫です。(メダカのみです)
100匹以上の個体を管理していましたが、エサに反応しない個体は1匹もいませんでした。全ての個体において健康的な糞をして確実に成長しています

ファンタジーツノガエル

これはクランウェルツノガエルとアマゾンツノガエルの別種の交配種です。

この種も20年ほど前にアメリカが作出した物です。この別種の掛け合わせは非常に慎重に行わなければなりません。
各種の本来の血統を失ってしまうからです。まだ、ファンタジーでしたら、判別がつきますが、これが他の種も掛け合わさり、大量に流通してしまったら、それをまた誰かがブリーディングする際に使用してしまうと、もう本来の系統がわからなくなってしまいます。

従いまして、当ファームでは、よほど意味があり、必要不可欠な場合を除いて別種との掛け合わせは行いません。
例えば、ブラジルツノガエル:Ceratophrys auritaの純血種が入手できたとします。しかし、ペアでは入手できず、今後も入手できる見込みがないと判断した場合には、クランウェルツノガエルを用いてハイブリッド種を作るかもしれません。しかし、これは、そのハイブリッド種を用いて「戻し交配」をして、ブラジルツノガエルに戻す事を目的とします。

しかし、上記のような例はまず無いと思いますので、当ファームからの新しい別種交配種(ハイブリッド)は系統維持の為、作らないとお考えください。
※最近、色々な品種を掛け合わせて、新しい品種として、流通している事を確認しておりますが、当ファームの作出種ではございません。

色彩変異・色素欠損個体

クランウェルツノガエルの繁殖により、偶然に色彩変異種が産まれました。
おおよそ、10年前の事です。

そしてその個体を親に仕上げて繁殖を行い、またそこから産まれた僅かな色彩変異個体を親にしてと累代繁殖を続け、現在では4代目にあたります。
完全に遺伝はしないのですが、変異個体が産まれてくる確率は徐々に上がってきています。表現系も藤紫からグレー、パターンレス、淡いブルー、色素欠損(最近は、アルビノ種からの色素欠損も産まれました)といろいろな個体が産まれてきています。(当サイトのトップにいる個体も色素欠損個体です。最初は普通のペパーミントツノガエルでした)

特徴として、これらの個体はカエルに変態後にはすぐには確認できない事です。最初は普通のペパーミントツノガエルで、他の個体と区別できません。
しばらく給餌を行い、数週間経つと、徐々に色の変化や欠損が確認できます。従いまして、通常のペパーミントツノガエルとして出荷して、その後に色彩が変化してくる個体もいるようで、ショップ様やお客様から「色が変わった」と言うご報告も聞かれます。もちろんオタマジャクシでは尚更判別できません。

また色彩の変化は個体差が激しいようです。一部に色素の欠損が見られる個体でも、それがそのまま広がらずにいる個体もいますし、1週間程度で全ての色素が無くなってしまう個体もいます。
藤紫も淡い紫を常時発色する個体もいれば、黒ずんだグレーのような発色をする個体もいます。産まれてくる個体数もごくわずかなので、どう変化していくかはわからない状態です。

しかし、この変異は明らかに色素自体か、その表現に欠陥または正常ではない状態にあるので、通常のカラーに戻ってしまう事はないようです。

当ファームでの飼育法

これは飼育環境や個体差によって大幅に異なる事ですので、一概に、ツノガエルに最適の飼育法とは、ひとくくりにできないと考えております。

当ファームでの飼育法を基準として申し上げますと、以下の3点をが基本的な飼育スタイルとなります。
○エサは基本的にパックマンフードのみ(アマゾンツノガエル等神経質な種は除く)
○ウールマットでの管理
○飼育ケースはプラケ(ニッソー プラケース小)このスタイルで全て統一していますので、飼育に関するアドバイスも、これに従ったものとなります。
飼育に必要なもの

もちろん、土で飼育していらっしゃる方もおられますし、金魚やマウスを与えている方もいらっしゃいます。それを否定するものではありません。
しかし、どうもうまく飼育できないと言う方や、当ファームでご購入して頂いたお客様には、このスタイルを試して頂きたく思います。

このスタイルで統一させる過程には、いろいろな飼育環境を与えて試してきました。
私も最初は当然、一飼育者です。プラケースに土を敷いて回りは個体が安心できるように見えないように画用紙に緑や落ち着くと思われる色を描いたりして3方を目張りしたりとか…(^_^;)ビバリウムでの飼育ももちろんしました。水苔も、ろ過器を使用したりも、あらゆる事を実施してきましたが、このスタイルが個体の管理を適切にすると言う意味では現段階では一番だと思います。


しかし、神経質な個体には、このスタイルが当てはまらない事があります。 このスタイルですと、常時、お腹が水に接している状態なのですが、これが良くないと思われる事があります。

この場合、お腹が濡れていない状態を作ってあげる必要があります。
「湿っている」と「濡れている」のでは異なります。
ウールマットに水を敷いている環境から、キッチンペーパーなどを使用してわずかに濡らしている環境に変えると、拒食していた個体が突然食べるようになったりする事があります。

そのような意味でも、このウールマット飼育は絶対的なものではありません。個体によってはキッチンペーパーや土での飼育環境を与える必要が出てきます。
しかし、アマゾンツノガエルや一部のファンタジー程度に限ると思います。ベルツノガエルなどでは当てはまりません。

エサの質、給餌量や間隔

どのエサが一番いいのかと決めつける事はできません。しかし、当ファームの場合は、パックマンフードのみの飼育です。
全く問題ありません。他のエサを与える必要が無いのです。



給餌量・間隔
エサの質、個体差、飼育環境によって大幅に異なります。
ベビーから1年半程度までを成長期をお考えください。
この時期には、こまめにエサを与える事で健康な個体に仕上げます。この時期に十分にエサを与えないと、後々にトラブルが起こりやすくなりますのでお気を付け下さい。
個体のサイズもこの時期でおおよそ決まります。また、性別は生後半年程度経つと判別ができます。判別法はいろいろありますが、結局のところ、オスの場合には鳴きはじめますので、それで判断して頂くのが間違いありません。
サイズに差も出てきます。オスはメスに比べると一回り小さくまとまります。 さて、給餌量ですが、エサを目の前に差し出し、自らエサに向かってアタックしてくるようであればどんどん与えて結構です。
適温で調子がいい時期には毎日でも飛びかかってきてもおかしくありません。

従って、毎日与えても大丈夫な時もあります。おおよその目安としては1~3日置きに1度程度の給餌量となると思いますが、個体によってはその倍の量を与えるような結果になる場合もあります。
逆に3分の1程度しか食べてくれない個体も出てきます。このあたりは、個体差なのか飼育環境のせいなのかを判断するのが難しいですが、個体の観察が非常に大事です。 エサの量ですが、個体の頭(頭がい骨)より少し小さめ程度の量を目安として下さい。 本来は個体と同じサイズの物も飲み込めます。従って、結構大きめのエサを与える事になります。
あまり小さいと与える意味がありません。見極めがつくまでは難しいかもしれませんが、一度に与えるエサの量はある程度の大きさの物を与えてください。
また、上記はマウスやパックマンフード、魚類などエサでの換算です。
コオロギなどの昆虫などでは、カロリーが低すぎますので、この5倍程度与えても足りないくらいになるかもしれません。 ツノガエルのエサの要求量はとても多いです。全然動かないし、それほどエサを必要としないのでは?と考えがちですが、かなりの要求量です。
よく、「糞をしてくれないんです…」と言うご質問を受けます。が、給餌量不足の場合が圧倒的に多いです。
かなりの勢いで成長しますので、与えるエサの量もどんどん大きくなります。エサを与え過ぎた場合、お腹がパンパンに膨れ上がります。この対処は、28℃程度の水に数分漬ける程度で、あとは自然に治まるのを待つしかありません。 時期や成長具合によってエサを与える量も変わってきますので、日頃からの観察が非常に大事です。

ポイントとして、個体にあった適切な量を、その時の環境によって、飼育者が判断できるようにならなければなりません。
冬季は温度を上げても季節を感じ取っているのか、なかなかエサを食べてくれない場合があります。この場合、ある程度成長している個体でしたら無理に与えなくても問題ありません。
健康な個体であれば、半月エサを与えなくても大丈夫です。生後1年経過した個体ならば3か月与えなくでも大丈夫です。しかし、ベビーですと、エサを与えて成長させなくてはなりません。加温が必要になります。
またこの時期は湿度が低く、乾燥気味になってしまいます。これも拒食をする原因となります。1日に1回程度で構いませんので個体に霧吹きをしてあげるのもいいと思います。しかしあまりビショビショにしないでください。湿っている程度が理想的です。


湿度・温度

人間が快適と思う温度が理想的です。
また、湿度に関しては、やや多湿の方が好ましいかと思われますが、プラケで飼育されている場合、床には水が入っている状態ですので、プラケの中の湿度はケースの蓋によりある程度密閉されていますので、部屋よりも高いです。 従いまして、部屋がよほど乾燥している状態でない限りは湿度のコントロールは必要ないと思われます。
乾燥してくると、個体の背中が乾いてきます。この状態では食欲があがりません。
また、本来の習性として乾燥を感じると、乾季として認識して休眠状態に入ります。

皮膚の粘膜が乾燥して個体全身を包み、コクーンと呼ばれる乾季を乗り越える為の体制になります。
繁殖期を誘発する前段階として必要な行為でもありますが、通常に飼育されている場合にはこの状態を作る必要はありません。
そのまま乾燥して干からびて死んでしまう場合があります。
従って、真冬と真夏にはなにかしらの対応をしなければなりません。冬はヒーターなどが販売されていますので、まだなんとかなりますが、夏にはクーラーで対応しなければならない状態になってしまいます。
しかし、皆様、なんとかできるだけ涼しい所に置いてあげる対応で乗り切っているようです。



高温での環境は代謝が活発になりますから、すぐに糞をして汚してしまいます。しかもそれをすぐに吸収してしまうので、あっという間に自家中毒を起こし状態を崩してしまいます。
外出して数日留守にする場合には、エサやりを控えて、糞を出し切らせてみるのもいいかと思います。
また、アンモニア濃度を薄くする為にも、水量を多くするのもいいと思います。
例としては、大きなケースに移したり、ウールマットを2段にして水量を増やす方法です。これでだいぶトラブルを回避する事が出来ます。
ご注文   送料
ご注文は年中無休でお受けしております。
お買い物かごからご注文頂きますと、すぐに自動返信メールにてご注文の控えをお送りいたし、24時間以内にご確認メールを差し上げます。 お問い合わせフォームからのご注文の場合には、担当者から24時間以内にご返信させて頂きます。 電話でのご注文は、履歴が残らない為、原則としてお受けできませんのでご了承ください。
  全ての商品はヤマト運輸にて発送させて頂きます。
数量が多くなっても最小の60サイズの料金でお送りいたします。 生体の北海道地区、九州・沖縄地区への発送は、ヤマト運輸タイムサービスまたは超速便を利用します。その際の加算金はこちらで負担させて頂きます。 \8,000以上お買い上げの場合には送料を無料とさせて頂きます。
お支払方法   個人情報保護
・代金引換
ヤマト運輸コレクトサービスにてお届けいたします。
・銀行・郵便振込
お振り込みでのご注文を頂きましたら、返信の際にお振込先をお知らせ いたします。ご入金が確認できましたら発送の手配をさせて頂きます。
・クレジットカード決済
一括払いから、分割、リボ払いと支払方法もお客様で選択できます。(各 カード会社で支払方法が異なる場合があります) 直接ご来店も大歓迎で ございます。
  買い物カゴのシステムはSSLに対応しております。
お客様が送信された個人情報は暗号化され、第三者に読み取られる事はございません。

また、お問い合わせ頂いたメールに関しましても、法令に基づく場合等正当な理由によらない限り、事前に本人の同意を得ることなく、個人情報を第三者に開示・提供することはありません。
お問い合わせ   返品・交換に関して
飼育方法やご質問がございましたらお気軽にお問い合わせください。 ※お電話には出られない場合が多くありますので、できる限りお問い合わせフォームまたはメールにてお願いいたします。   輸送中に発生したと思われる個体の状態の悪化・死亡、また、注文した品物と違うなどの発送ミス、ご購入前にお伝えしなかった奇形や欠陥については、無償にて再発送もしくはご返金の対応をさせて頂きます。